転職相談事例

これまで、特許業界への転職でお悩みの多くの方々からご相談をお受けしました。その内容を整理し、代表的なものをQ&A形式でまとめましたのでご利用ください。

特許業界転職相談事例
特許事務所と企業知財部の違い

【相談】弁理士を目指している、特許未経験者です。今後の転職先として、特許事務所か企業知財部か決めかねています。両者の仕事は、どのように違うのでしょうか。

【回答】特許事務所の業務は、企業から依頼を受け特許明細書作成することが主なものです。企業から依頼を受けて特許情報の検索をしたり、特許に関してアドバイスをすることもありますが、特許事務所にとって一番のドル箱は特許明細書の作成です。ですから、特許事務所に入所すると、弁理士試験合格には無関係に特許明細書の作成を実務につきながら学んでいくことになります。特許事務所では、特許未経験者に対し先輩弁理士によるOJTなどのシステムができています。新人は、一日も早く特許明細書の作成ができることが課題として課せられています。

これに対し、企業知財部の業務は特許明細書の作成だけではなく、知的財産に関する広範囲なものとなります。弁理士としてよりも組織人として、開発部門との調整や特許事務所への発注管理など、様々な業務をこなしていかなければなりません。特許明細書の作成に関しては、特許事務所に委託する企業のほうが多いようです。企業知財部の業務の魅力は、自らの企業の発明を権利化していくという醍醐味にあると言われています。

どちらを選ぶべきかは、相談者様のこれまでの職務経歴や将来の目標によります。例えば、企業で研究開発を経験し、その経験をよりダイナミックに発展させたいならば、企業知財部が転職先として考えられるでしょう。また、将来弁理士として独立することを考えているならば、特許明細書作成の力を重点的につける必要があるので、特許事務所に転職するという選択肢が有利かと思います。

ここがポイント!人材コンサルタントから一言





<まだ疑問が残る方へ>
皆様の疑問・質問に対して、
特許業界に精通した人材コンサルタントがメールでお答えします。


今から相談する