転職相談事例

これまで、特許業界への転職でお悩みの多くの方々からご相談をお受けしました。その内容を整理し、代表的なものをQ&A形式でまとめましたのでご利用ください。

特許業界転職相談事例
研究畑から特許業界へのチャレンジ

【相談】現在工学系大学院の博士課程で、制御工学分野の研究に従事しています。博士号取得後のことを考え、弁理士を目指すかどうかで迷っています。研究畑から特許業界へのキャリアチェンジは、可能なのでしょうか。

【回答】制御工学は特許出願が非常に多い分野です。研究者=弁理士ではありませんが、そのような研究分野での経験を持っている方は、特許事務所にとっては魅力的な存在です。この経験は、特許明細書作成の基礎となる発明内容の理解に活かすことができる、希少価値のあるものだからです。ご相談者様の気持ちが固まり特許業界へのキャリアチェンジを熱望するようになれば、弁理士試験に合格前でも特許事務所から採用される可能性は十分にあります。

その前段階として、相談者様が弁理士を目指そうとした場合、アドバイスしておきたいことが2つあります。

まず一つ目は、研究者と弁理士の本質的な違いです。研究者は自分の得意分野を主体的にどんどん掘り下げていきます。そのことは同時に、得意分野が極めて狭い範囲(ピンスポット)に限定されることにつながります。弁理士の場合、まず最初にあるのは顧客企業の発明ですので、自分の興味とは関係がありません。例えば制御工学という分野に限定されたとしても、その中でどのような特許出願が企業から依頼されるかわかりません。また研究者のように、仮説を自ら実験によって検証するということもできません。自ら実験で確認できない特許案件や興味のない分野の特許案件に関しても、その内容をひととおり把握して、十分に理解したうえで特許明細書を作成するのが仕事です。つまり、自分で特定の技術を極めるのではなく、他人が技術を極めるのをサポートする側になります。自分が興味を持てない等のわがままを顧客企業に言うことはできません。

次は作成する文章についてです。研究者の場合は、自分の得意とする分野の未知の解明に関し論文にしていきます。論文を書くことに苦労も伴うでしょうが、その過程でも充実感や達成感を感じる研究者も少なくないでしょう。これに対し、弁理士は顧客企業の発明内容を権利化するのが使命です。主体はあくまでも顧客企業です。その使命を果たすために特許明細書の文章を書いていきます。そこでは、特許明細書作成のテクニックというものも必要となります。そのテクニックをマスターすることも、また必要となります。

これらのことは、研究の世界から特許の世界に転じた多くの方が感じることです。この壁を乗り越えることができれば弁理士としての成功が見えてきますが、乗り越えられない方がいるのも事実です。例えば自分の得意領域からなかなか脱却することができず、顧客の多様な要求に応えるのを苦手とする方もいます。このような方は、仮に弁理士試験に合格しても、想定していたような成功はできないかもしれません。

相談者様は以上のアドバイスを踏まえて、自分の気持ちを整理されてください。また弁理士試験の学習を行うことにより、その気持ちが確かになるということもよくあることです。今結論を出す必要はありません。時間をかけてもかまわないので、納得できた段階で最終的なご決断をされてください。

*ご注意
 特許出願が少ないバイオや薬学分野では求人が極めて少ないため、上記のアドバイスにはなりません。かなりの難関となるため、高いリスクを覚悟しなければなりません。

ここがポイント!人材コンサルタントから一言





<まだ疑問が残る方へ>
皆様の疑問・質問に対して、
特許業界に精通した人材コンサルタントがメールでお答えします。


今から相談する