転職相談事例

これまで、特許業界への転職でお悩みの多くの方々からご相談をお受けしました。その内容を整理し、代表的なものをQ&A形式でまとめましたのでご利用ください。

特許業界転職相談事例
知財キャリア「転職サポートサービス」のメリット

【相談】現在特許事務所に勤務している特許技術者です。現在の事務所では仕事量が減少しており、先行きが不安なので他の事務所または企業知財部への転職を考えています。在職中のため、特許事務所や企業のホームページや求人サイトなど、インターネットを活用して求人募集に応募していこうと考えています。知財キャリア「転職サポートサービス」には、さらにそれ以上の付加価値はありますか。

【回答】特許技術者や知財部スタッフの求人募集は、インタ−ネットを活用すれば多数見つけることができます。しかしながら、インターネットの募集広告のみに限定して他の特許事務所や企業知財部への転職活動を行うことは避けたほうが良いと思います。
  理由の第一は、求人情報自体の信ぴょう性です。自社ホームページの求人募集や弁理士会の求人募集では、広告掲載料金がかからないため実際に募集を行っていない場合でも募集広告がそのままにされていることがあります。このような求人募集にいくら応募しても、面接の連絡はなかなか来ないでしょう。
  次に人材の入れ替わりの早い、つまり所員の定着が良くない事務所などが、欠員補充の意味合いでインターネットに求人広告を出すケースがあったりします。
  三番目として、インターネットに公開されている求人募集以外にも、非公開求人というものが存在します。非公開求人には、内部の事情を外部に悟られないように人材紹介会社に極秘に依頼するケースと、急いではいないが人材紹介会社に登録している人材次第で採用を考えてみようという潜在的な求人需要のケースがあります。インターネットの求人サイトでは、これらの非公開求人にアクセスすることはできません。

 なお、当社知財キャリアの「転職サポートサービス」は、インターネット求人募集の上記のデメリットを補う機能を持っているとお考えいただくと良いでしょう。知財キャリアの有する求人は、特許業界と15年の関わりを持つコンサルント達の非公開求人が中心です。出入りの激しい紹介先とは、このような長きに渡り人材事業でのお付き合いを続けていくことが難しいことは自明のことでしょう。また長年の信頼関係により、自然と非公開求人が入手できるようになりました。このように、知財キャリアの求人は、人脈を通じた「口コミ」情報のようなものとご理解いただくと良いかもしれません。

 「転職サポートサービス」利用に際し、料金はかかりません。選択肢を増やすという意味合いからも、ぜひご利用をお考えください。

ここがポイント!人材コンサルタントから一言





<まだ疑問が残る方へ>
皆様の疑問・質問に対して、
特許業界に精通した人材コンサルタントがメールでお答えします。


今から相談する