転職相談事例

これまで、特許業界への転職でお悩みの多くの方々からご相談をお受けしました。その内容を整理し、代表的なものをQ&A形式でまとめましたのでご利用ください。

特許業界転職相談事例
【実務者向け】知財キャリアの運営会社について

【相談】知財キャリアを運営する株式会社ブライナについて質問があります。人材紹介会社だとばかり思っていたのですが、ホームページで確認したところ特許事務所を主体とする 知的財産の総合支援企業とのことですね。とても興味がありますので、この場を借り2点質問をさせてください。
@株式会社ブライナになぜ人材事業部門があるのでしょうか。
A株式会社ブライナの事業に必要なメンバーの募集を行うことはありますか。

【回答】@弊社株式会社ブライナは、中小企業を対象に知的財産の管理体制構築のお手伝いをさせていただいています。それら多くの企業では、知的財産について豊富な経験や知識を持った方の不足という問題を抱えています。その問題を解決する手段として、人材紹介事業と人材派遣事業の許可を取得し人材事業を開始した次第です。

また弊社は特許業界の一員として、特許業界の発展に貢献することに日夜腐心しています。特許業界は設備投資が業績に直結する業界ではなく、専門的な知識と実務能力を持った人材が担っている業界です。同時に求人側と求職側のマッチングが非常に難しい業界でもあり、求人する事務所にマッチする人材の応募がなかなかないという状況が続いてきました。弊社では、これまでこの業界で培った人脈を活用してこの難問を解決していきたいという強い思いから、都内を始めとして多くの特許事務所や企業知財部に人材のご紹介を行っているのです。

A弊社株式会社ブライナは、2002年5月の設立以来着実に成長を遂げてまいりました。このような成長の過程の節目節目で、弊社は専門人材の採用を続けています。人材募集については、知財キャリアや知財情報局にバナーを掲出することもありますし、「転職サポートサービス」の登録者に直接お声かけすることもあります。ただし、会社が埼玉県という地理的な制約があるとともに、多くの場合応募要件は実務経験者限定となりますので、その点はご了承ください。

ここがポイント!人材コンサルタントから一言





<まだ疑問が残る方へ>
皆様の疑問・質問に対して、
特許業界に精通した人材コンサルタントがメールでお答えします。


今から相談する