転職最新事情

プロの人材コンサルタントが、知財業界の転職最新事情をレポートします。

特許業界転職最新事情
【連載】事務所訪問記(2012・4・11) 悲喜こもごも

 先日久しぶりに多摩川を越えて、横浜にある特許事務所を訪問して来ました。神奈川は研究所が集積している地域であり、その特許事務所は県内のいくつかの研究所と太いパイプを持っています。最近、県内に大阪が本社の製薬メーカーの研究所が新設されました。その特許事務所は薬学分野の案件は扱っていないのですが、所長のお話しでは県内のいくつかの特許事務所がその企業との取引を開始したそうです。
 ただ製薬会社では、従来型の化学合成による新薬開発は困難を極めていると聞きます。神奈川に最新鋭の研究所が新設されて新薬開発が進められる分、これまで大阪の研究所で行われていた特許出願の件数は減少することでしょう。きっとどこかの特許事務所はその影響を受けるわけで、まさに悲喜こもごもといったところですね。

ここがポイント!人材コンサルタントから一言





<まだ疑問が残る方へ>
皆様の疑問・質問に対して、
特許業界に精通した人材コンサルタントがメールでお答えします。


今から相談する