転職最新事情

プロの人材コンサルタントが、知財業界の転職最新事情をレポートします。

特許業界転職最新事情
【連載】事務所訪問記(2012・5・9) 明日は我が身?

 竜巻で幕を閉じた連休が終わり、早速都内の特許事務所を訪問し転職希望の弁理士の方の売り込みをしてきました。その弁理士の方が転職先を探している理由は、在籍している事務所の経営状況がかなり悪化しているためです。
 訪問した特許事務所の採用担当者は、私が提出したその方の経歴があまりに素晴らしいので驚いていました。転職先を探している理由を採用担当者に説明すると、そのような事情がなければ転職する必要もないのにと同情することしきりでした。さらに、もしその事務所の業績が悪化すれば、真っ先に自分が肩たたきの候補になると一瞬真顔になっていました(一般に企業がリストラを行う時は、間接部門や年齢の高い方が真っ先にその対象となります)。そうは言っても顧客企業から高い信頼を得ている事務所だけに、「『明日は我が身』にだけはなるまい」と気丈なところを見せることだけは忘れませんでした。

ここがポイント!人材コンサルタントから一言





<まだ疑問が残る方へ>
皆様の疑問・質問に対して、
特許業界に精通した人材コンサルタントがメールでお答えします。


今から相談する