転職最新事情

プロの人材コンサルタントが、知財業界の転職最新事情をレポートします。

特許業界転職最新事情
【連載】事務所訪問記(2012・5・11) 中国の方求む!!

 先日首都圏にある某中堅メーカーの知財部長から電話をいただき、昨日同社を訪問して来ました。昨年秋に弊社の登録者を同社の知財部員として採用していただいてから、久しぶりの訪問です。
 同社は日本のメーカーと中国のメーカーの合弁企業で、主たる生産拠点は中国にあります。同社の知財部門は日本にあるのですが、中国の生産拠点とのやり取りが増加傾向にあります。部長のお話では知財部門にひとり中国の方を採用し、知財部門の日常の業務に加え生産拠点との打ち合わせの際に通訳としての役割を担わせていきたいそうです。ということで、知財を目指す中国の方(ないし中国語がネイティブな日本人)を探してほしいという依頼を受けました。
 特許事務所訪問の際にも、中国語ネイティブの日本人かもしくは中国の方がいるとありがたいという話を何度か聞いたことがあります。我こそはという方がいらっしゃいましたら、ぜひ弊社「転職サポートサービス」ないし「人材派遣サービス」にご登録ください。

ここがポイント!人材コンサルタントから一言





<まだ疑問が残る方へ>
皆様の疑問・質問に対して、
特許業界に精通した人材コンサルタントがメールでお答えします。


今から相談する