転職最新事情

プロの人材コンサルタントが、知財業界の転職最新事情をレポートします。

特許業界転職最新事情
【連載】事務所訪問記(2012・6・22) ●●事務所の方

 特許業界はいわゆる「狭い業界」です。転職の前と後の事務所の所長同士が知り合いだった、などというケースもないわけではありません。そのため弊社では、人材をご紹介する際には書類に記載する事務所名を「●●事務所」と表示し特定できないようにします。
 ただ事務所都合などですでに退職した方については、その事情を説明するために口頭で事務所名を伝えるようにしています。人材紹介のために先日訪問した事務所でも、同様のケースでした。採用担当者に「実は●●事務所の方です」とお伝えすると、「●●事務所ですか、なかなか大変なご事情のようですね。同じ事務所から、試用期間で雇用を打ち切られたという方の応募がありました。」と退職の事情をすぐご理解いただけました。
 特許業界では、水面下でこのような人材の動きがあるのですね。弊社では、一人でも多くの方のお役に立ちたいと願っています。

ここがポイント!人材コンサルタントから一言





<まだ疑問が残る方へ>
皆様の疑問・質問に対して、
特許業界に精通した人材コンサルタントがメールでお答えします。


今から相談する