転職最新事情

プロの人材コンサルタントが、知財業界の転職最新事情をレポートします。

特許業界転職最新事情
【連載】事務所訪問記(2012・6・29) 未経験者歓迎!!

 先日、これから特許事務職を募集したいという特許事務所の某所長とお会いして来ました。基本的には経験者採用なのですが、未経験者も考慮の余地があるという求人です。すでに求人サイトにも人材募集広告を掲載中で、確かに「未経験者歓迎」と書かれていました。求人サイトにはそれ以上の記載はないのですが、実は未経験者の場合@銀行等金融機関での事務職経験者ATOEIC800以上B年齢は25、6歳C知財検定などの資格または学習経験、の4要件をすべて満たしている方限定だそうです。
 その所長のお話では、金融機関の事務職経験者はミスが許されない世界を経験しているので、特許事務職としても成功する可能性が高いとのことでした。長年のご経験ゆえのごもっともなお話ですが、それらの要件をすべてクリアする方の応募はめったにないのではと質問してみました。確かにその通りというのが回答で、この3年間に4要件をすべて満たした方の応募は一人だけとのことでした。またその方には内定を出したものの、条件面で前職よりかなり下がってしまうという理由で辞退されたということでした。           所長はそのような経験はお構いなしで、意気軒昂にお望みの人材の応募を心待ちにしている様子でした。「年を重ねただけでは人は老いない・・・。」という言葉は、まさにその所長のことかもしれません。

ここがポイント!人材コンサルタントから一言





<まだ疑問が残る方へ>
皆様の疑問・質問に対して、
特許業界に精通した人材コンサルタントがメールでお答えします。


今から相談する