転職最新事情

プロの人材コンサルタントが、知財業界の転職最新事情をレポートします。

特許業界転職最新事情
【連載】事務所訪問記(2012・8・23) 『撤退!!』

 今回のお話は、今年5月22日付け『前門の虎・後門の狼』の続編です。そのお話の舞台となった特許事務所に昨日訪問して来ました。現在その特許事務所では、特許事務職の募集を行っています。某求人サイトからの応募者と面接したそうなのですが、その方の前職がまさに驚きでした。
 その方の前勤務先は『前門の虎・後門の狼』に出てくる「特許出願10万円!」という某法律事務所であり、知財部門の所属だったそうです。しかし知財部門の業績不振により、事業撤退→リストラということになったそうです。本当に驚きですね。その事務所のサービスメニューからは、確かに知財が削除されています。
 「新たな分野に進出する」のは企業成長のカギであり、重要なことです。しかにこのようにあまりに短期間の変わり身の早さには、全く理念のかけらも感じられません。そのことで意気投合してしまう所長と私は、「昭和気質のおじさん」なのでしょうか・・・。
 ちなみにその面接結果は、スキル面が理由でNGだったそうです。人材コンサルタントとして、その方の再就職をただただ祈るばかりです・・・。

ここがポイント!人材コンサルタントから一言





<まだ疑問が残る方へ>
皆様の疑問・質問に対して、
特許業界に精通した人材コンサルタントがメールでお答えします。


今から相談する