転職最新事情

プロの人材コンサルタントが、知財業界の転職最新事情をレポートします。

特許業界転職最新事情
【連載】事務所訪問記(2012・8・29) 『救いの神』

 今年に入り特許業界の求人が増えつつあるとはいえ、即戦力として活躍が期待される方でかつ若手対象の求人案件がほとんどです。知財経験が十年以上という豊富な経験をお持ちの方でも、40歳を超えると「組織の年齢構成の観点から・・・」という理由で面接の機会すらなかなかいただけません。同世代の人間として、このようなお話は本当に残念で悔しいことです。
 先日訪問した特許調査関連企業様からのご依頼(非公開求人B12−08002)は、このような思いの続く私にとってまさに『救いの神』のようなお話でした。その企業は米国に本部があるので、日常業務において英会話力は必須です。特許調査の担当職と連携して調査プロジェクトを推進するという責任のある仕事だけに、年齢面での制約はあまりありません。
 実は特許調査関連業務では、非公開求人にも公開していない潜在ニーズレベルの求人も他にあります。苦難の続く中高年の『救いの神』となれば良いのですが・・・。

ここがポイント!人材コンサルタントから一言





<まだ疑問が残る方へ>
皆様の疑問・質問に対して、
特許業界に精通した人材コンサルタントがメールでお答えします。


今から相談する