転職最新事情

プロの人材コンサルタントが、知財業界の転職最新事情をレポートします。

特許業界転職最新事情
【連載】事務所訪問記(2012・10・25) 3年経って・・

 先日、2ヶ月ぶりに都内某特許事務所の総務部長を訪問してきました。訪問前にホームページを確認すると、私が訪問しない間に弁理士が1名増えていました。今年は採用を行わないと聞いていたので確認すると、3年前に入所した弁理士の方ということでした。総務部長の説明では、その弁理士の方から以前の勤務先の所長に居場所を知られたくないという強い申し出があり、3年間掲載を行わなかったというお話しでした。総務部長からはさらなる裏話も聞いたのですが、ここでは割愛いたします。
 対照的に私が訪問した特許事務所の所長は人格者で、「職業選択の自由は憲法に認められた権利。所員が辞めるのは、所員に最適な職場環境を提供できなかった自分の責任である」と所長から聞かされたことがあります。その総務部長も入所して20年以上になると言います。特許事務所は、所長次第で職場環境や人材の定着度が大きく異なるということですね。

ここがポイント!人材コンサルタントから一言





<まだ疑問が残る方へ>
皆様の疑問・質問に対して、
特許業界に精通した人材コンサルタントがメールでお答えします。


今から相談する