転職最新事情

プロの人材コンサルタントが、知財業界の転職最新事情をレポートします。

特許業界転職最新事情
【連載】特許事務所訪問記(2013・9・9) 『義理堅い人』

 先週、都内某特許事務所を訪問し総務部長とお話をしてきました。同所には、90年代後半から出入りしています。その総務部長は当時の総務部長の片腕と言える方で、前任者が定年退職されたために総務部長を引き継ぎました。
 いまだに求人の必要があると、総務部長からすぐに電話をいただけます。今年の8月にも求人案件を2件依頼され、現在も人材探しの真っ最中です。求人の電話をわざわざいただけるのですから、弊社にとっては非常にありがたいお客様です。ところがこの2年間、採用につながる方の紹介ができていません。本来ならば切り捨てられても文句は言えないところで、本当に『義理堅い方』と心から感謝しています。ご本人のお話では、商売最優先の営業マンはあまり好きではとのこと。かつて人材紹介会社の営業マンの売り言葉に乗せられて、人材採用で失敗した経験がトラウマになっているようです。お客様との四方山話などを通じて人間関係を構築していくことも、この仕事では重要なことかもしれません。

ここがポイント!人材コンサルタントから一言





<まだ疑問が残る方へ>
皆様の疑問・質問に対して、
特許業界に精通した人材コンサルタントがメールでお答えします。


今から相談する