転職最新事情

プロの人材コンサルタントが、知財業界の転職最新事情をレポートします。

特許業界転職最新事情
【連載】特許事務所訪問記(2013・10・17) 『大変身』

 今週、長い歴史を有する都内の某大手特許事務所を訪問してきました。長い歴史に安住しては事業を続けていくことができないのは特許事務所も例外ではなく、リーマンショック以降その大手事務所は営業面での強化に努めてきたそうです。
 今年初め技術に明るい営業担当者を採用し、見込み客が集まりそうな展示会にすでに何度か出展したそうです。今週訪問した時には、入り口スペースの受付電話の横で同所のプロモーションビデオ(展示会で使用されたもの)が放映中されていました。大手企業ではよくあるケースですが、特許事務所が自らのプロモーションビデオを放映しているのは私にとって初めての体験です(驚!!)。
 また来月11月には所長がテレビ出演を予定しており、近いうちに日経新聞にも広告を掲載しその予告を行うとのこと。同所のあまりにダイナミックな変貌に、私は非常に驚かされました。まさに『大変身』です。結果として業績は上向きにあり、弁理士の補充をただちに行いたいそうです。求人内容は非公開求人A13−09003ですが、特に化学分野の採用を急いでいらっしゃいます。

ここがポイント!人材コンサルタントから一言





<まだ疑問が残る方へ>
皆様の疑問・質問に対して、
特許業界に精通した人材コンサルタントがメールでお答えします。


今から相談する