転職最新事情

プロの人材コンサルタントが、知財業界の転職最新事情をレポートします。

特許業界転職最新事情
【連載】特許事務所訪問記(2013・12・20) 『次は未経験者』

 先日訪問した都内の特許事務所の所長は、最近採用した弁理士が予想以上に貢献してくれているとご満悦でした。同所は所員数10名くらいの規模で、受任が堅調でしばらく仕事に追われている状況が続いています。早く即戦力の方の採用を行いたいと、弊社にもお声掛けいただいたという経緯がありました。
 「ただし・・・」とその所長が続けたのは、「自分より5歳年上なので、気兼ねがないというと嘘になる」ということでした。その所長は40歳代前半の「若手所長」で、創業所長から認められて2年ほど前に事業を承継しました。これから2〜30年にわたり引き継いだ事務所を発展させていきたいという、意欲満々の方です。
 「来年は、経験を不問にして若い方の採用ですね。」と私が水を向けると、「そのとおり」というのが所長の回答でした。所長の口ぶりでは、自分の流儀に育て上げることを楽しみにしているようでした。少し気が早い感じもしますが、非公開求人A13−12004に掲載をしておきました。興味がある方は、ぜひご覧ください。

ここがポイント!人材コンサルタントから一言





<まだ疑問が残る方へ>
皆様の疑問・質問に対して、
特許業界に精通した人材コンサルタントがメールでお答えします。


今から相談する