転職最新事情

プロの人材コンサルタントが、知財業界の転職最新事情をレポートします。

特許業界転職最新事情
【連載】特許事務所訪問記 『お客様紹介』

 先日、都内にある某東証一部上場企業の知財部を訪問し、採用を担当する課長とお話をしてきました。同社は3月決算なので、4月以降の新年度に知財部の増員計画があるかどうか聞き出すのが大きな目的です。
 残念ながら、現時点では増員についてはまだ白紙とのことでした。ただ、現在は国内明細書の大半を内製しているのですが、来期は特許事務所を活用する方向に切り替えたいという話を聞き出しました。課長は同社の技術の肝が無線通信を応用したニッチな技術分野であることから、果たしてどこの特許事務所であれば十分な対応ができるかと心配されていました。
 ちょうど弊社の取引先に、携帯電話関連の出願を得意としている特許事務所があるので、早速その事務所のことをお伝えしました。課長は非常に安堵した様子で、その特許事務所に連絡を入れるとのことでした。
 今回人材紹介という本業での訪問目的は達成できませんでしたが、弊社のお客様に対する『お客様紹介』ができたと言えます。「風が吹けば・・・」ではありませんが、弊社のお客様の仕事が増えれば弊社に人材紹介の依頼が来る、と気長に考えることにします・・・。

ここがポイント!人材コンサルタントから一言





<まだ疑問が残る方へ>
皆様の疑問・質問に対して、
特許業界に精通した人材コンサルタントがメールでお答えします。


今から相談する