転職相談事例

これまで、特許業界への転職でお悩みの多くの方々からご相談をお受けしました。その内容を整理し、代表的なものをQ&A形式でまとめましたのでご利用ください。

Q&A

転職相談事例

『特許実務未経験者からの相談』

大学工学部を卒業後、企業で研究開発に従事している20歳代です。現在弁理士を目指して弁理士試験の勉強を行っていますが、まだ特許実務経験はありません。 特許事務所への転職は可能でしょうか。

回答

1990年以降特許事務所にとって良き時代が十数年続きましたが、2008年秋のリーマンショック以降非常に厳しい状況に変わりました。かつては弁理士試験合格者は売り手市場の時代が長く続きましたが、現在では仮に弁理士試験に合格しても、実務未経験者に対する門戸は限られたものとなっています。

しかし実務未経験者に対する需要がゼロになったというわけではありません。
特許実務においては、技術面での力量が極めて重要です。職務経験的に言うと、研究開発の経験者が最も有利です。また特許事務所の基本である特許明細書作成については、頭の柔軟な若い方のほうが有利と言われています。

ご相談者様は上記の状況にあるので、可能性は残されているとお考えいただいて良いでしょう。

 *ご注意
リーマンショック以降、特許事務所の経営状況の悪化により実務未経験者に対する求人は激減しています。特許事務所に入所後に活きる研究開発経験以外の職務経験ですと、弁理士試験に合格されても特許事務所への道のりは容易ではありません。弁理士試験合格に過度の期待を持つことは危険です。30歳を過ぎた方、家族をお持ちの方は十分ご注意ください。





<転職体験談を読んでもまだ疑問が残る方へ>
特許業界のキャリアアップに関する貴方の疑問や悩みに対して、
特許業界に精通した人材コンサルタントがメールでお答えします。

『無料キャリア相談』受付中(会員登録不要)
今から相談する